エネルギーの出入り口であるチャクラ

エネルギーの出入り口

チャクラ、という言葉を聞いたことがありますか?ヨガやアーユルヴェーダなどに触れたことがある人は、よくご存じかもしれませんね。

チャクラとは、サンスクリット語で「回転」などを意味する言葉で、私たちの体に存在するエネルギーの出入り口のことを示しているのだそうです。

体にエネルギーの出入り口がある、といきなり言われても、びっくりしてしまうかもしれませんが、チャクラはたとえば口や鼻の穴のように、物理的に穴が開いているというものではありません。

チャクラは目には見えないスポットとなっており、代表的なものは体の前面と背面に7箇所存在しています。主にヨガやアーユルヴェーダなどで用いられている独特の概念で、目には見えないものであることからスピリチュアルな存在として扱われることもしばしばです。

7つのチャクラ

はじめに、チャクラには「回転」という意味があると書きましたが、なぜそれがエネルギーの出入り口になっているかというと、頭から足先まで、チャクラを結んだ点が、私たちの体を縦に結ぶ車輪のようになっているからです。エネルギーは常に回転しており、その中継地点にチャクラが存在しているというイメージなのです。

では、チャクラは私たちの体のどこにあるのでしょうか。基本的にチャクラは脊柱に沿って配置されているのですが、第一チャクラは脊髄の基底部、第二チャクラは仙骨、第三チャクラはおへその上から指2~3本分のあたり、第四チャクラは胸の中央、第五チャクラは喉元、第六チャクラは眉間・額の中央、第七チャクラは頭頂部に存在しています。

チャクラは私たちの身の回りにあるさまざまなエネルギーを取り込むことができ、取り込まれたエネルギーはホルモンの変化など、さまざまな生理的変化をもたらします。

アーユルヴェーダの概念では、チャクラはナーディと呼ばれる細い管によって結ばれており、チャクラから取り込まれたエネルギーはナーディを通って全身に供給されます。西洋医学にはナーディのような概念はありませんが、中医学にはナーディとよく似た「経路」という考え方が存在しており、全身に影響を与えるとされています。