HRTとは?

更年期症状を和らげるために、病院で治療を受けるという方法もあります。

更年期症状に対して劇的な効果があると言われる治療法に、ホルモン補充療法(HRT)があります。

HRTは、足りなくなった女性ホルモンのエストロゲンを補充する治療法です。更年期症状というのは卵巣から分泌されるエストロゲンが減少することによって起こります。

エストロゲンが減少すれば、自律神経がバランスを乱し、様々な症状が現れるようになります。

HRTでは、エストロゲンを補充することで自律神経のバランスが整えられ、更年期症状が軽くなります。

HRTを行えば、特に、ホットフラッシュや冷え、動悸などが改善されやすいと言われています。

 

定期的に検査を受ける

HRTの具体的な方法としては、飲み薬を服用する方法と、パッチ剤を貼る方法があります。胃腸の弱い人にはパッチ剤を貼る方法がおすすめです。

HRTではエストロゲンだけを補充すると子宮体がんが起こりやすいことから、女性ホルモンのプロゲステロンも合わせて補充します。

また、HRTを長期間続けていると、乳がんや血栓症の発症リスクが高まると言われています。

副作用もありますから、注意しなければなりません。

HRTを受けるなら、リスクや副作用についてしっかり説明を受け、医師とよく相談するだけでなく、定期的な検査も受けることが大切です。